ホーム > 金属3dプリンターについて > 金属3dプリンターの理解を深めよう

金属3dプリンターの理解を深めよう

 多彩な形状に加工できる3dプリンターが注目を浴びており、個人レベルでも購入できる価格になってきています。
様々な分野で応用であり、プラスチック等の材料とするタイプでは、試作品を予め立体形状で確認してイメージを確認する等、デザインや製品開発のフィールドで実際に活用されています。
物作りをするメーカーや研究機関、もしくは学術領域などニーズが存在ぶす分野が幅広く、応用範囲が広いため期待も大きいと言えます。
上記を背景として、さらに特筆すべきなのは金属3dプリンターです。
今後は主力技術の特許満了に伴って、その価格が一気に普及価格帯にまで下がってくることが予想されるからです。
金属を加工する技術分野において、金属3dプリンターが与えるインパクトは大きいものと考えられており、関連業界に従事する者は、この技術の原理や仕組みの理解が必須のものとなるでしょう。

 さてここでは、金属3dプリンターの代表的な方式の理解を深めていきましょう。
パウダーベッド方式は、金属粉末を敷き詰めたものとターゲットして、それに対して熱を加えることで積層化することで目的とする形状を毛性するものです。
また、この方式に用いる熱源の違いによって、さらに2つの方式に分けることができます。
すなわちレーザーと電子ビームの2種類です。
加工空間を窒素で充満させるのがレーザーであり、広く普及しているのはこのタイプです。
後者の電子ビームは、真空中で加工を行います。
こちらはビーム照射位置を磁気的な機構で行うためには、レーザー方式よりも高速に行うことができる点がメリットです。
もう一つのメタルデポジッション方式とは、すでに溶かした金属材料に対して加工処理を行います。
パウダーベッド方式と比較して、高速に処理できる一方で精度にかけるきらいがあります。

 金属3dプリンターには、今までになりメリットがある一方で導入時に伴ういくつかの懸念事項があります。
これらをクリアしてこそ、本来のメリットを享受できることになりますので、メリットと課題の両者を把握しておくことが重要です。
金属の加工を精度が高いことや、低コストで実施できる点がメリットです。
しかも、短期間で加工できるので、開発機関の短縮に寄与します。
新しい技術であることから、導入時の初期コストとランニングコストが気になる課題となります。
例えば、専門の設備の導入に要する初期費用と、継続的にメンテナンス費用がそれです。
また、求める精度と処理速度の間にトレードオフが存在する点は注意したいところです。
しかしながら、従来の金属加工で課題となっていたコスト低減や軽量化を活かして新しい分野に応用できるようになっており、活動分野を広げてきている点は特筆すべきです。

次の記事へ

PAGE TOP